40後半から現役復帰!牛むつみのモーモー日記

1969年生まれで2000年に全日本シクロクロス選手権チャンピオン、その後に現役引退してから約10年。44歳から現役復帰した須藤むつみのBBA底力をお見せします!

中国邯鄲Fengfeng Stationレースレポート

今日は中国邯鄲Fengfeng Station (Fengfeng District,Handan City)シクロクロスUCIレースの女子エリートレースの日。

 

昨夜は夜10時ごろに寝られたので、朝5時には目が覚めた。朝早くならWi-Fiが空いているので、ブログに写真アップしたりFacebookみたり。ついでにホテルのロビーまで散歩したら、レース後の北京空港行きバスの出発スケジュールが出てた。

f:id:rockmutsumi:20180907165354j:plain

チェックしたら私達のようにアフターパーティーに出ないで夕方6時のバスに乗る選手やスタッフがかなりいる!なんでこんなことになっているか?と言えば、やはり昨日のブログにも書いた中国政府からのお触れ。夜中2時から5時まで高速で車を走らせたらダメなのだ。

f:id:rockmutsumi:20180906050250j:plain

軽く2度寝してから7時に朝ご飯。第1戦と全く同じタイムスケジュールなので、今しっかり食べておく。水餃子が旨い(´∀`)

f:id:rockmutsumi:20180906065410j:plain

 

f:id:rockmutsumi:20180906065643j:plain

かなり時間をかけて食事しながら、今日のレース前とレース後の行動をメンバー皆で確認。特にレース後のスケジュールが忙しない。まずレースでゴールしたら自分の順位を確認して賞金貰えるなら貰い、更に今回の旅費の精算もするのだ、レース会場でwwwで、手続き終わったら自転車を2台曳きしてホテルに戻りパッキング、夕方6時には出発なのだ!

f:id:rockmutsumi:20180906132038j:plain

コーヒー片手に部屋に戻り、うだうだしながらレース準備。お月様は落ち着いたので一安心( ^ω^ )朝から天気良くて暑くなりそうなので、チャンピオンシステムの最新型TTスーツ!襟口が開いて薄手なので暑い日のシクロクロスにも最適、更に今回のバージョンからフロントがセパレートなので着脱がラク

f:id:rockmutsumi:20180830234500p:plain

ソックスは、このような暑い日のレース用に満をじして持ってきたR×Lソックスの紙糸製ソックス・ワイルドペーパー!丈も長過ぎず、履いただけでサラッと爽やかなのがイイ(´∀`)グローブは指切りタイプでグリップの効くのを。日焼け止めは毎度のアスリートX( ^ω^ )中国の強い日差しもばっちりブロック!日本に比べて、かなり乾燥してますが、アスリートXのおかげで肌は相変わらずのグッドコンディションです。

f:id:rockmutsumi:20180906105217j:plain

11時前に昼ご飯。かなり暑くなりそうだし、超ドライだからペースがメチャ上がって追い込む走りになりそうだから、果物を中心に食べてゴハン系は少なめに。あと水分とエネルギーを取るために炭酸ジュースを多めに飲んでおく。

f:id:rockmutsumi:20180907165701j:plain

11時半にはレース会場へ出発。私が今日のメインバンクになるBOMAエピスRに、小島メカにサブバイクのBOMAエピスに乗ってもらい移動。コース試走開始の12時前には余裕で到着。

チューブレスタイヤIRCシラク前後の空気圧を1.6barに調整してからコース試走。最初はゆっくりライン確認しながら、2周目に少しスピードアップで初めて階段を駆け上がってみたが、脚の筋肉痛は気にならない。良かったぁ。しかし風がメチャ強くて土ほこりが凄い!

一旦、チームテントに戻って水をしっかり飲んで一休み。12時半になったのを確認して、昨日のうちに目星つけたアップルートで20分ほど走る。行きが下りなのでクルクル脚を回し、帰りが緩やかに登るのでペダリングを確認しながら軽く脚に刺激を。

f:id:rockmutsumi:20180906132032j:plain

 

f:id:rockmutsumi:20180906132041j:plain

 

f:id:rockmutsumi:20180906132030j:plain

スタートに小島メカが付いてくれて、撮影もしてくれました( ^ω^ )

 

f:id:rockmutsumi:20180906132050j:plain

ケイトちゃんとも( ^ω^ )(´∀`)

 

アップ終えて軽く回し、13時15分にはスタート地点へ。今回は特別ローカルルールでMTBのようにピットからの水補給OK。あとは第1戦と同じく80%足切りなし、周回遅れも走らせる。スタートコールされて今回も2列目なので真ん中より少し右を陣取る。というのもスタートして最初の下りコーナーに入る手前に、左側がアスファルト上に砂が浮いている箇所があるから。

スタート3分前からコール、チーフコミッセールがスタート直線上空に飛ぶドローンが危ないから一時撤収させたいようだけど、その場にいる中国人審判が誰も英語分からずwとうとうスタート予定時間でもドローンが避けないので、仕方なくスタートな感じにwww

グダグダなスタートだったわりにはタイミングは分かった!が、またまた今度は両側の選手に挟まれてしまい出遅れ(T_T)ほぼビリッケツで最初の下りコーナーに入る。しかし、ココで慌てると少し先の砂フカフカなコーナーですっ転びそうなので落ち着いて、しかしペースはキープして何とか前を追う。

最初のフライオーバーからピット脇を抜けて、30段の階段を登る。が、コレを昨日の試走で小坂帝王が右側手摺り下のレール状になっている箇所をバイク乗せて押し走るやり方でトライ。コレがメチャらく( ^ω^ )あとギアチェンジのタイミングを合わせると、急な駆け上がり坂やバンプラクなので、昨日ビデオ撮影した動画で復習したラインを丁寧に。

1周目を終える直前に、エラく疲れきった選手の背中を捕らえたが彼女が下り上手くて、なかなか追い抜けない(T_T)もしくは追い抜いても下りでサックリ抜かれる(T_T)でも、そこでムキになるとすっ転ぶので丁寧に。

2周目に入ってから前の彼女が、更にタレてきたので下りでなく踏み込み続ける箇所でペースアップして追い抜く。そしてゴールに向かうアスファルト直線で必ず水分補給を。出来るだけペースを乱さないでミスをしなければ何とかなりそう。

残り2周がコントロールラインで出た時点で、選手2人を追い抜かしていたが、更に2回目の階段地点でUKのケイトちゃんが!かなりフラフラしているので、申し訳ないけどパスさせてもらい先を急ぐ。しばらくしてコントロールラインで残り一周を言われた直後にトップがゴール、これでギリギリトップと同一周回に入れた!

あとは安全に走るのみ。ペースキープしながらシッカリ走るが、2回目の階段を登る間に内腿が攣ってくる!そこで階段登り終わりでギアを下げて脚を回して誤魔化しながら、ゴールに向かう。攣って自転車から降りることにならず、ゴールで待つ観客の皆さんに手を振ってゴールできた(´∀`)

f:id:rockmutsumi:20180906141910j:plain

Giantの斉藤選手がゴールシーンを激写( ^ω^ )

 

1周回=約2.5km×6lap。スタート21名、完走20名で15位(トップから+8分38秒)
<周回ごとの手元タイム>
1周目・8:11
2周目・8:17
3周目・8:06
4周目・8:02
5周目・8:09
6周目・8:42
ラスト周回が遅いのは、かなり慎重に行ったためかも。特に3周目からはコースに慣れてきてスピードに乗せられた感じ!

f:id:rockmutsumi:20180906144640j:plain

このレースがUCIレースだったらUCIポイントが貰えたんだがねー。ま、賞金が15位か、それ以下かだと、かなり違うので有難い有難い(´∀`)ごっつあんです!

f:id:rockmutsumi:20180906151137j:plain

暑さは大丈夫だったけど、かなり脚にきてしまいゴール後はフラフラになってしまった。あと水分は足りていたが、砂ホコリが酷くて喉が渇いたのが気になった。ただ今回は第1戦も第2戦もすっ転びナシで走れた( ^ω^ )良かった!ゴールしてからセクレタリーのジェーンさんに水を貰って落ち着いてから、早速帰り支度。上位3名の記者会見が終わらないと賞金と渡航費の精算が出来ない。その間にレースMCのオッチャンに第1戦と同様にやたらと褒められる。オッチャンMCは英語が出来ないのだが、今回もグッドファイトを連呼してくれたし、他の選手には同じ感じで話していないから、私のレースでの走りが気に入ってくれたみたいだ。嬉しいなぁ(´∀`)まだまだ頑張るよ‼︎

f:id:rockmutsumi:20180906144239j:plain

ようやく記者会見が終わり、精算完了したら慌てて自転車2台曳きして、ヨロヨロとホテルに何とか帰る。下手くそなんで変な姿勢で2台曳きして右腰が痛くなってしまったがパッキング開始!この後は飛行機に積むので、かなり丁寧にパッキングしてたら時間がかかってしまい、小島メカに手伝っていただいてBTB輪行箱に自転車を入れ、隙間をジャージなどで埋める。

夕方5時半には、あとからレースを終えた男子選手達もパッキングを完了してバスへ積み込み。そういえば、パッキングしている最中に男子選手達が戻ってきたのだが、何だか早いなぁ?と思ったら、男子レースは暑くなったのと、レース後にすぐパッキングし北京空港に早くバス移動しなければならない選手が多かったので、少しレース時間が短かったらしいですわw

出発前にはパンダになって、皆様へ御挨拶(´∀`)夕方6時10分にはホテルから出発した。

f:id:rockmutsumi:20180906180747j:plain

雷太は元気か?と聞いてきたメカニックのおじさん。

 

f:id:rockmutsumi:20180906180915j:plain

内モンゴルから北京、そして邯鄲への超ロングバス移動を担当した運転手のおばちゃんと( ^ω^ )イロイロありがとうございます!

f:id:rockmutsumi:20180906224841j:plain

約8時間の北京空港までバス移動!なんと途中一回のみの休憩(T_T)wようやく今遠征で初ビール!ツマミは骨付き羊肉の焼いたやつ。

 

f:id:rockmutsumi:20180907003817j:plain

葡萄ジュース。まあ旨いw

 

高速道路の交通規制開始になる夜中2時ピッタリに北京空港到着‼︎

f:id:rockmutsumi:20180907015736j:plain

でわでわ。