読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40後半から現役復帰!牛むつみのモーモー日記

1969年生まれで2000年に全日本シクロクロス選手権チャンピオン、その後に現役引退してから約10年。44歳から現役復帰した須藤むつみのBBA底力をお見せします!

トレーニングレース@下総フレンドリーパーク・運営協力

どもです。

今日はLink東北主催の「トレーニングレース@下総フレンドリーパーク」の運営お手伝いなどなどで参加。こちらのイベントというかスクールというかトレーニングについては、小中学生育成チームFlechaとともに、湾岸サイクリングユナイテッドの皆様、そしてRGJチームを代表して私が運営協力しながら実施します。

ただ、我が家の自転車少年・スドーマンが「有給が僅かしかないし、そろそろ休日出勤しないとヤバイ」ということで出勤のため参加できないため、私1人で会場に向かいます。朝7時に自宅を出発、自走で会場へ。途中で朝ごはんと補給を買い込んで8時過ぎには会場に無事到着。

天気は微妙なものの、天気予報では「雨は大丈夫」なようなので、準備をお手伝いしながら参加者の皆様の到着をお待ちします。予定ではキッズ選手も含めて70名以上とのこと、凄い!!
f:id:rockmutsumi:20161227214100j:plain

バイク移動審判にK氏にI氏という、RGJ杯レースでもおなじみの布陣、しかも会場はRGJチームには御馴染みの成田市・下総フレンドリーパークということでホームゲームのように振る舞う牛。だからと言って長ネギを持って、開会の挨拶に立ち会うというのはヤリスギでしたね、すいませんwwwでも、やっぱミックミクだもんねーwww男ムツミ選手にも呆れられておりましたがwww

f:id:rockmutsumi:20161227214415j:plain

でも、私としては真面目にプログラムを進めていたのですよー。

今まで、トレーニングレースの実績を重ねているLink東北、そしてレース実績のある湾岸ユナイテッドに、キッズ育成の実績があるFlechaと共に、私なりに出来ることは喋ることですよ、奥さん!!w

f:id:rockmutsumi:20161227214652j:plain

f:id:rockmutsumi:20161227214714j:plain

私にマイクを持たせたら最後です!ということでw 出来るだけ参加いただいた皆様に、たくさん安全走行のためのヒントを持ち帰ってほしかったので、一生懸命に牛なりの解説をさせていただきました。

f:id:rockmutsumi:20161227215016j:plain

集団のローテーション走行についても、自転車に乗る前に徒歩でローテーションのコツを伝授。意外と分かっているようで分かっていないことを、このような場でちゃんと共有できることが重要だと思います。知ったかぶりが一番危険なのです。

解説とか指摘ば、うるさくってウザイ!と思った方もいたと思いますが、婆アのお節介ですし分かりやすくお伝えしたつもりです、申し訳ございません!逆に「今度はこんなことを知りたい」というのがございましたら、いつでも教えてください。ぜひフィードバックさせていただきます!

f:id:rockmutsumi:20161227214923j:plain

カリキュラムの後には個人TTも参加。ゴールのハンドル投げだけは一丁前w

キッズレースを挟んで、午後は2時間耐久の模擬レースとか。

f:id:rockmutsumi:20161227215339j:plain

f:id:rockmutsumi:20161227215355j:plain

f:id:rockmutsumi:20161227215407j:plain

女子選手の参加メンバーが結構濃くって、実は2日後にシクロクロスのレースがあるのにも関わらず、しっかりと走ってしまった!こんな練習が出来て、本当に有難かったです!!

f:id:rockmutsumi:20161227220000j:plain

最後には、おかわりレースもあったのですが、午後4時を過ぎると一気に暗くなってしまうので、自走ということでお先に失礼させていただきました!

*2時間耐久の手元データ:1.5kmを47周回、全て2分台で走行、平均2分40分ぐらい
※会場までの往復を自走したので、この日の全走行距離は約112km

このレースへの開催意義について。何よりも多くの方々に安全に楽しく長く自転車に乗っていただきたいのはRGJチームも同じ考えです。

www.link-tohoku.com

参加者の皆様、そして運営スタッフの皆様のおかげで、朝から事故なく無事にイベントを終了できました!皆様、お疲れ様でした、ありがとうございました!!

こちらのレポートの文中写真、撮影はすべてInoue Kazutaka氏より、いつもイロイロとありがとうございます!

でわでわ。