読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40後半から現役復帰!牛むつみのモーモー日記

1969年生まれで2000年に全日本シクロクロス選手権チャンピオン、その後に現役引退してから約10年。44歳から現役復帰した須藤むつみのBBA底力をお見せします!

高根沢シクロクロス選手権・レースレポート

どもです。

今日は栃木県は高根沢町で開催されました「第1回高根沢シクロクロス選手権」!!2016-2017シーズンのシクロクロスレース会場で、よく顔をあわせる機会などありましたGufo Cycle Works代表の中里 聡史氏より、事前にいろいろと状況をお聞きしておりまして、「これは行かねばならない!」と思うに至り、須藤家として参加することとしました。

更に、開催日の前日に予定がクリアになったこともあったので、大会前日からコースを拝見したりして、なんか自分たちの運営していた「ちちフェス」のことを思い出したりと、ウエルメイド感が満載で大会当日が楽しみでありました!そして予想通りの楽しさでレースを満喫させていただきました。

この下の写真につきましては阿部昌一氏が当日、たくさん素晴らしい写真を撮影してくださいました、ありがとうございます!

f:id:rockmutsumi:20170407120829j:plain

レースが午前中にタイムトライアル、ロンゲストラップ、そしてマディソン。午後には20分・30分・40分の各シクロクロスレースを開催、というスケジュールになっております。

f:id:rockmutsumi:20170407121149j:plain

まず朝いちばんからはタイムトライアル。フルコースを1周回して、そのタイムを計測します。そのタイムで午後の20分・30分・40分の各レース出場に振り分けられます。

f:id:rockmutsumi:20170407122055j:plain

私はギリギリ、40分のレース出場権利をゲット!2番タイムという、なかなか良いタイムをだしたスドーマンとは夫婦対決となりますwww

 

次にロンゲストラップ。こちらはスタートからコースを1周回してから、所定の位置で合図があるまで動かないようにしてキープ(約2分から3分)、そして合図で再びスタートしてコースを1周して順位を競うレース。そのため、スタンディングスティルが出来ると優位なので、自転車の速さよりもコントロールする技を持っているのかどうか?で決まるので、自転車競技の奥深さを知ることができる種目なんですねー。

ちなみにスドーマンは素晴らしいスタンディングスティルを炸裂させて、1組目の2位と好成績。一方でスタンディングスティルがマトモに出来ない私はスタート合図前に、バランスを崩して脚をついてしまい失格www悔しいので、その場でスタンディングスティルの練習をしてましたとさ<遅いってばよwww

f:id:rockmutsumi:20170407121712j:plain

f:id:rockmutsumi:20170407121733j:plain

f:id:rockmutsumi:20170407121754j:plain

次のマディソン。こちらは2人で1チームのペアで組んで、ショートコースを1周回づつ交代しながら、「1台の自転車」で走るというルール。この自転車のチョイスに皆様、苦労されていたようですが、我が家はチビ助ペアでフレームサイズも一緒なので、サドルの高さだけ短足な私に合わせてもらって私の愛車「BOMAエピスR」でスタート。普段からシクロクロスのピット作業をお互いにやっていることもあって、自転車の受け渡しが慣れていたこともあって、その場で自転車を前にしっかりと進ませながら投げても、そのままスピードを落とさずに受け取ってスグに乗れたのは我が家だけでしたwww<自慢にならないwww

f:id:rockmutsumi:20170407122658j:plain

ということで、1組目と2組目のそれぞれの優勝ペアは「小っちゃいモノ倶楽部」で独占しました!というか、この並びで表彰されたのは嬉しかったし貴重!!

f:id:rockmutsumi:20170407122740j:plain

しかもメダルが地元・高根沢産の豆腐で作った「がんもどき」なのが感激!!食べられるメダルが、オトナになっても貰えるのは有難いでーす!!

f:id:rockmutsumi:20170407123124j:plain

お昼ごはんを挟んで、午後からは各時間別のシクロクロスレース!フルコースを使って、まず20分のレースからスタート。全てのレースはスタートで自転車でなく自分の脚で走る「ラン」でスタートしてから、スタートラインに置いた自転車をピックアップして走る方式。健脚な選手は冒頭のランを狙いたいところですが、意外というかキッズ選手たちが脚が早くて、機敏な動きでどんどん先にいっちゃう!この動きってシクロクロスだけでなくても必要だから、すごく参考になるわー。

f:id:rockmutsumi:20170407124432j:plain

コースは林間オフロードで、樹の間を利用したコーナーが多く、一方で広々とした区間でも、コースを2択するようなライン取りもあったりして、すごく「頭を使う」コースなので勉強になる。前日からコースを周回していて最初は混乱したけれど、頭が整理できてコースが入ってくれば、ライン取りを工夫しながら慎重に行けるように集中できて楽しくなってくる!

f:id:rockmutsumi:20170407124806j:plain

ちょっと入り組んでいて、思いっきり踏み倒すコースではないけれど、このところスキル練習を重ねていた成果が少しは出せたかも。そして、もっとスキルを磨く必要も感じた次第。

f:id:rockmutsumi:20170407124928j:plain

f:id:rockmutsumi:20170407125009j:plain

f:id:rockmutsumi:20170407124939j:plain

f:id:rockmutsumi:20170407125116j:plain

f:id:rockmutsumi:20170407125104j:plain

 朝から雨が降ったり止んだり、という天候で雨が本降りにならず、むしろ乾燥しきっていた路面が適度にウエットとなってスキルを試したりするには最高のコンディションになったと思います。写真のようにウエットで滑りやすい箇所は、瞬時にグリップの良い箇所を狙ったりと、いろいろとラインを代えて走ってみました。f:id:rockmutsumi:20170407125141j:plain

そしてヒロ師匠は、相変わらず安定の走りだったなー。カナル選手とかアオ選手など、キッズ選手達が本当に上手いし速くって、試走の段階から勉強させていただきました!

f:id:rockmutsumi:20170407125154j:plain

そんな40分レースを制したのはポンちゃんこと、伊藤選手でありました!やったね!!

f:id:rockmutsumi:20170407125215j:plain

私もギリギリ、そんなポンちゃんと同一周回で40分レースを走り切ることができました!

f:id:rockmutsumi:20170407125709j:plain

表彰式は賑やかに!!

f:id:rockmutsumi:20170407125743j:plain

f:id:rockmutsumi:20170407125804j:plain

スドーマンは40分レースで2位になって、ちゃんと地元の美味しいお米をゲットしてくれました!

f:id:rockmutsumi:20170326150857j:plain

表彰台から写真を撮るポンちゃん

f:id:rockmutsumi:20170407125902j:plain

その姿を撮る牛www

f:id:rockmutsumi:20170407130136j:plain

20分レースの表彰!2位は代理w

f:id:rockmutsumi:20170407130159j:plain

30分レースの表彰!

f:id:rockmutsumi:20170407130246j:plain

そして、スドーマンの表彰写真撮影と副賞ゲットのためにフラフラしていた牛も、何故か表彰に。なんと女子特別賞の1人に選んでいただきました!!

f:id:rockmutsumi:20170407130235j:plain

そして、この3人の中で一番図々しい私がコメントをさせていただきました。何よりも、この高根沢シクロクロスの種を撒いて芽吹かしてくれたので、今後は大きく育ててほしい、というオッサンなコメントですいませんでしたwww

f:id:rockmutsumi:20170407130652j:plain

今回、女子表彰いただいた3人娘w引き続きシクロクロス盛り上げますよー!!まいたけっ!!<これ美味しかった!

f:id:rockmutsumi:20170331164000j:plain

最後に皆揃っての記念撮影。見てよこの笑顔!!こんなに楽しい大会なら、また来ちゃうでしょ!!

f:id:rockmutsumi:20170331164014j:plain

そして最高のレースをありがとうございました!参加選手の皆様、そしてスタッフの皆様、お疲れ様でした!!

高根沢シクロクロスの公式情報

第1回高根沢シクロクロス選手権 | 高根沢町

f:id:rockmutsumi:20170407130825j:plain

楽しくてアホになるよーん、だひょーんwww

でわでわ。