読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40後半から現役復帰!牛むつみのモーモー日記

1969年生まれで2000年に全日本シクロクロス選手権チャンピオン、その後に現役引退してから約10年。44歳から現役復帰した須藤むつみのBBA底力をお見せします!

茨城シクロクロス@城里町ふれあいの里ステージ・準備お手伝い

どもです。

明日は「茨城シクロクロス城里町ふれあいの里ステージ」というシクロクロスのレースの開催がございます。そのレースのコース設営などの準備をお手伝いするために、今日から移動します。

朝5時半に起床し、6時に出発。途中でしっかりと朝食を食べてから、会場に8時半過ぎ到着。大会オーガナイザーのT辺さんと打合せをしてから、作業の班分けに従い9時から作業開始!

私たちはコースの後半にあたる「悪魔の谷」と呼ばれるキャンバー区間のコース設営を担当。御一緒するのは勝手知ったる方々なので、テキパキと作業は進む。

f:id:rockmutsumi:20170204000532j:plain

ヤギさんともコンニチワ!(こちらの写真は翌日のレース時、写真お借りしました)

f:id:rockmutsumi:20170204000544j:plain

お昼は会場近くにある施設「ホロルの湯」のお弁当、ココのは豪華だし美味しいのです!いつも楽しみにしているのですw

f:id:rockmutsumi:20170204000514j:plain

午後はキャンバー区間の仕上げをしてから、コース全体を確認しつつ補足する作業へ。

f:id:rockmutsumi:20170204000726j:plain

これがコースの後半に、キャンバー区間の直後に現れる95段の階段、通称「天空への階段」。

f:id:rockmutsumi:20170204000828j:plain

別の作業班は、この幟を大量に組み立ててコースにセット。

f:id:rockmutsumi:20170204000921j:plain

こんな可愛い「大人コース」と「子供コース」を分ける標識も作ってくれてました!

何とか午後3時ぐらいには目処がついてきたので、ちょっくら着替えて先日にポジション変更したばかりのBOMAエピスRちゃんでコースをチェックしながら試走。

実は昨年の大会ではコースを作るだけで精一杯でコース全部を見てなかったので、今回は全部把握してMCしたいなーと。特に95段の階段を何度もコース周回しながら登れるか?にもチャレンジしたかったので。

変更したポジションが、もうちょっと煮詰めたいなーと思いつつもキャンバーをノロノロ。最初はオッカナビックリだったけど、スドーマンからコツを聞いてチャレンジしていたら最後まで乗車していけた!!その後の階段はスイスイ登れたwww結局、調子にのってコースを4周もしてしまったのは良かったが、最後につまらない段差で左足を挫いてしまう。

直ぐに走るのを止めて、スドーマンから「もしかしたらホロルの湯だとマッサージとかで脚を診てもらえるかも?」とのことで、着替えずに直ぐホロルの湯に行くことに。行ってみると、何とマッサージとともに接骨院の先生が出張で来ていた!!ラッキー!!診ていただいたところ「ちょっと伸ばしただけで捻挫や断裂は起こしてないから大丈夫」とのこと。よかったぁ!!

しかも「折角だから、脚をお湯につけなければお風呂に入った方がいいから、入ってきてからテーピングしますよ」とのこと。おかげで、お風呂にも入れたしテーピングもしてもらえたので助かりました、ありがとうございます!!

f:id:rockmutsumi:20170204001825j:plain

この施設でも、レース開催のご案内がたくさん掲示してありました!明日のレースを頑張って盛り上げるぞ!!

折角なので、ホロルの湯をPRしまーす。お風呂も最高ですが、食事処でいただけるゴハンが安いし美味しいんです!オススメです!!牛のオススメメニューは地元産の豚肉「キングポーク」を使ったキングポークの豚バラ焼き定食ですw

www.hororunoyu.jp

でわでわ。