読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40後半から現役復帰!牛むつみのモーモー日記

1969年生まれで2000年に全日本シクロクロス選手権チャンピオン、その後に現役引退してから約10年。44歳から現役復帰した須藤むつみのBBA底力をお見せします!

茨城シクロクロス第2戦・取手小貝川ステージ

どもです。

今日は茨城シクロクロスの第2戦、そしてJCXの開幕戦にもなる取手小貝川ステージ!会場は、お馴染みの冒険ランドこと小貝川です!!

f:id:rockmutsumi:20161013124801j:plain

昨日のコース設営では午前中に土砂降りだったりで雨ドロドロでしたが、今日は朝から薄曇りで少し肌寒いぐらいの丁度よいシクロクロス日和に。しかも、この会場は水はけがよいので、時間が経つにつれて路面がしまっていくので、泥の影響はまあまあな感じ。

f:id:rockmutsumi:20161013125018j:plain

Aさんちのペコもいるよー!!カメラを向けたらアッチを向いちゃうオチャメさは相変わらずwwwあと写真が撮れなかったんですが、Y嶋さんとこのサンちゃんも来てましたし、ワンワン天国なのもシクロクロスの魅力!

f:id:rockmutsumi:20161013125210j:plain

そして朝から貴重な2ショット!シクロクロスの黎明期から最新アップデート、そして未来に繋がる厳しくも優しい目を持つ発信者2人。選手を育てるのはトレーナーやコーチだけでなく、観客やマスコミの厳しくも優しい目なのです。

f:id:rockmutsumi:20161013125328j:plain

んで、私は?といいますと牛MCをやっておりました!大会オルガナイザーの影山ぜんめちゃんとともに、大会がスムーズに進むように進行していきます!!今回は結構スケジュールがツメツメで、事前には分かっていたので用意はしておりましたが、トイレに行く間も微妙だったwま、涼しかったので何とかなりましたがwww

レースについてなのですが、今回はナント400名を超すエントリーをいただいており、観客の方もたくさんお越しいただいて大盛況!駐車場には地元名産品を中心とした出展ブースにもお越しいただいておりましたが、途中から「売り切れの店舗も出ているのでブース案内アナウンスを控えめに」の指示まで。これは嬉しい悲鳴ですよー!ありがとうございます!!

f:id:rockmutsumi:20161013125532j:plain
(撮影:okamoto)

女子最高位カテゴリーのL1のスタート!!実は、このスタート前カウントダウンのタイミングアナウンス。オーガナイザーぜんめちゃんが、ちゃんとオンタイムでスタート合図していたので大丈夫だったが、マイクアナウンスがとちるw何か自分がスタート位置についているような錯覚にハマってしまいました、猛省(T_T)

f:id:rockmutsumi:20161013125851j:plain
(撮影:okamoto)

f:id:rockmutsumi:20161013125935j:plain
(撮影:okamoto)

RGJチームのシクロクロス班2名もL1レースで頑張ってくれておりました!前日にコースを走っていたのですが、結構私向きなコースだったからレース出たかったなぁw

f:id:rockmutsumi:20161013130051j:plain
(撮影:okamoto)

こちらは男子の最高位カテゴリーのC1スタート、なんとエントリーは79名!!迫力あるスタートに観客が沸きに沸きました!!

そうそう、コースについてなのですが。全体としては前日の雨の影響はありつつもコースの特徴である水はけの良さで、普段も自転車走行可能な冒険ランドの箇所(芝地のところね)は路面も結構しまっていて、さらに芝のない土のところも滑りそうにみえても、実はグリップはあるので思い切ったライン取りも可能だったというのはヒントだったんですね。なので、それにいち早く気が付いていた選手はサンド系や、場合によってはスリックタイヤをチョイスしていたようです。空気圧は低過ぎない方が良かったみたいですな。

さらに私もアナウンスしていた「コスモス畑の重馬場箇所」についてですが、これもドロドロの重い箇所ではありますが、ちゃんとタイヤをラインにいれて走れば大丈夫な箇所だったんです。前日に走った感じでもトレース出来ていれば、あとはハンドルの上の方を持って抜重しながら走れば、それほど重くない印象で走れる箇所です。

それとコーナーについては基本をおさえれば問題なし。全体にハイスピードブーン!なコースなので、コーナーに速いスピードでツッコミがちなのを押さえて、ちょっとゆっくり入るだけでコーナーを抜けるのがかえって早くなるので、それを忠実に守るのがコツです。

駐車場のストレートはロードの平地を踏み倒せるような走りをできた選手が有利だったかな?という感じ。水たまりの箇所も下は固い路面なので、思い切って走れるし。

f:id:rockmutsumi:20161013131130j:plain

そして男子C1レース。中盤以降からの素晴らしい追い上げで、2位入賞した中里 仁(ナカザト マサル)選手。実は彼が10代の頃ちちフェスCX参加していたので顔を知っているんだけど、何か違う人な気がする!ちょっと戸惑いながらアナウンスしていたが、ゴール後にコメントをもらうために声を聴いたら、やはり本人‼︎ 成長して印象が変わっていたのね(^ー^)ノ

兄妹で小さい頃から知っている選手も大きくなって良い走りだったし、何か感慨深くなる牛なのでした。茨城シクロクロスで育つキッズも楽しみっ‼︎

f:id:rockmutsumi:20161013131400j:plain
(撮影:シクロワイアード

皆様、本当に長い一日ありがとうございました!!そしてお疲れ様でした!!また茨城シクロクロスでもお会いしましょう!

でわでわ。